市民のための環境公開講座2018 認識から行動へ。学生から社会人までが参加する学びの場。

本年度の講座の参加者募集開始いたしました。

PART3 わたしたちの暮らしをシフトする

募集中

11/6

SDGsについて「知る」ことで、新しい暮らしをデザインする 〜学校 × SDGsから地域 × SDGsへ〜

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:略称SDGs;エス・ディー・ジーズ)は、より良い未来を全世界で目指すために、2015年9月に国連で採択された17個の目標のことです。全世界の一人ひとりが課題を意識し、様々なセクターとパートナーシップを組みながら行動することが求められています。私たちは、この世界課題の解決に向けて、具体的にはどうしたらいいのでしょうか。学校教育にSDGsを取り入れ、自分たちにできる行動を考え、企業やNPO/NGOとパートナーシップを組みながら実施している複数のプロジェクトを紹介しながら、皆さんの地域でできるSDGsを一緒に探し、未来の暮らしをシフトさせるアイデアをたくさん考えてみたいと思います。

山藤 旅聞 氏

子どもたちと未来をつくる授業

山藤 旅聞 東京都立武蔵高等学校・附属中学校生物科 教員

持続可能な社会を目指すための行動者育成を目指したプロジェクト型・対話式双方向性教育デザインを実践している。SDGsを使った出前授業や講演を全国で行い、学校を超えて生徒が協働してすすめるプロジェクトも多数。NHK高校講座講師(2004~2017)、東京書籍教科書編集委員。東京都立武蔵高等学校・附属中学校生物科教員。未来教育デザインConfeito共同設立者。一般社団法人Think the Earth SDGs for Schoolアドバイザー。