市民のための環境公開講座2018 認識から行動へ。学生から社会人までが参加する学びの場。

本年度の講座の参加者募集開始いたしました。

PART1 生きものの変化と気候変動を知る

募集中

8/7

生き物が直面する環境変化 〜気候変動による生き物への影響を「多面的」に考える〜

気候変動問題により、生き物への甚大な影響が懸念される一方で、近年では、問題解決の鍵とされる再生可能エネルギーの開発による、生き物への影響が懸念され始めています。生き物への影響を防ぐため、我々はどのようにこの矛盾に対処すれば良いのでしょうか? 本講義では、基礎的な気候変動問題について学ぶとともに、生き物への影響の大きさに関して、気候変動による側面と、再エネの開発による側面の両方面から理解を深めていきます。

市川 大悟 氏

世界最大規模の自然環境保護団体

市川 大悟 世界自然保護基金(WWF)ジャパン 気候変動・エネルギーG

1984年生まれ、愛知県出身。岐阜工業高等専門学校機械工学科を卒業後、東京農工大学農学部地域生態システム学科を卒業。エネルギー分野でのプラント設計のエンジニアを経て、2012年からWWFジャパン 自然保護室 気候変動・エネルギーGrに入局。
現在は、地域での再生可能エネルギーの普及を担当し、自治体等と協力した普及プロジェクトの立案・運営に携わる。