【受講料】
各パート(全3回)1,500円(学生 1,000円)
【定   員】
250名
【時   間】
18:30〜20:15(受付開始 17:45)
【場   所】
損保ジャパン本社ビル2F大会議室講座開催場所地図

オープニング特別講座|参加費無料、定員250名(先着順)です

"洞爺湖サミット"を読む〜どうなる、気候変動次期枠組〜

全世界注目の洞爺湖サミット。
各界のパネリストが分かりやすくひも解きます。

【日   時】
5月31日(土)13:30〜16:30(受付開始 12:30)
  • 詳細
  • レポート

パート1学ぼう 温暖化・日本の役割7月1・15・22日(火)

7月1日

日本の温暖化政策に
必要な大きな仕組み

  • 竹内 敬二 氏
  • 朝日新聞 編集委員

外国の人から、「日本の温暖化政策の柱は?」と聞かれたら、何と答えるのでしょうか。経団連の自主行動計画?電化製品などの「トップランナー型」規制?...

詳細 レポート
7月15日

地球環境問題と途上国援助(ODA)

  • 荒木 光弥 氏
  • 国際開発ジャーナル社 主幹

世界人口に占める先進工業国の比率は20%。ところが、世界人口に占める比率が80%の開発途上国は世界の富の20%しか占めていないと...

詳細 レポート
7月22日

地球温暖化問題について

  • 南川 秀樹 氏
  • 環境省 大臣官房長

7/7に、北海道洞爺湖サミットが開催されます。日、米、英、仏などの先進8カ国に加え、中、印、伯などの新興経済国も首脳が参加し、当面する重要事項への...

詳細 レポート

パート1次世代へつなぐ 生物多様性9月2・16・30日(火)

9月2日

「いきものにぎわい」
そして「SATOYAMA」を考える

  • 渡邉 綱男 氏
  • 環境省 自然環境局 自然環境計画課長

昨年11月に「いきものにぎわいの国づくり」を目指して、第三次生物多様性国家戦略が策定されました。1992年の地球サミットにあわせて...

詳細 レポート
9月16日

「かつて普通の、今絶滅危惧種」から考える日本の生物多様性の危機

  • 鷲谷 いづみ 氏
  • 東京大学大学院 教授・日本学術会議 会員

日本列島には、かつては生活域で普通にみられたのに現在では絶滅を危惧しなければならない生物種が多くみられます。それらは本来の生息・生育場所は...

詳細 レポート
9月30日

生物の多様性を実感するために
〜動物飼養の現代的意義〜

  • 中川 志郎 氏
  • 財団法人 日本動物愛護協会 理事長

私たち現代人は今、生物の多様性について実感し難い環境で生活しています。世界の都市生活者が全人口の5割を超え、2030年には...

詳細 レポート

パート1五感で感じる 自然・文化10月7・21・28日(火)

10月7日

「音の風景」を訪ねて

  • 鳥越 けい子 氏
  • 青山学院大学 総合文化政策学部 教授

音の風景(サウンドスケープ)は、「音の世界」を切り口に「形あるもの・見えるモノを超えた世界」「記憶やイメージの世界」も含めて、環境をとらえようという...

詳細 レポート
10月21日

景観から観た日本の心

  • 涌井 雅之 氏
  • 造園家・桐蔭横浜大学 医用工学部 特任教授...

地域遺伝子としての景観 ―「景観十年、風景百年、風土千年」。景観が持つ力を考えます。日本の風景・風土。地域特有の文化と日本人としての遺伝子...

詳細 レポート
10月28日

ガイアの叡智、自然治癒力

  • 龍村 仁 氏
  • 映画「地球交響曲」監督

「地球交響曲」の撮影を通じて、気温50度の砂漠地帯からマイナス40度の北極圏まで数多くの過酷な自然を訪れ、そこに生きる先住民文化の叡智を学んで...

詳細 レポート

パート1誰にでもできる エコアクション11月4・11・18日(火)

11月4日

食育のすすめ
〜大切なものを失った日本人〜

  • 服部 幸應 氏
  • 服部栄養専門学校 校長・医学博士

何を食べたら安全で健康になるか、自分で判断出来る力を持てる選食能力を身に付ける。健康ですこやかに健康寿命をのばし、生涯現役を。...

詳細 レポート
11月11日

埼玉県小川町発 食・エネルギー自給循環型のまちづくり

  • 金子 美登 氏
  • 霜里農場 代表

埼玉県小川町で霜里農場を営んでいます。1971年、農林水産省農業者大学校を第一期生として卒業後、徹底した有機農業を営んでいます。...

詳細 レポート
11月18日

イエ(家)コロジーでCO2削減!

  • 赤星 たみこ 氏
  • 漫画家・エッセイスト

家庭から排出されるCO2を減らすには、まず家の構造を考えること。断熱をしっかりすることで、燃料費が激減した我家の実例を紹介し、家の造りを根本から...

詳細 レポート

お申し込み方法

受講料

  • 各パート 1,500円(全3回)※学生 1,000円
  • *(社)日本環境教育フォーラム会員の方または入会希望の方は、直接お電話で同フォーラム(TEL 03-3350-6770)へお申込みください。
  • *「特別講座」は無料で受講できます。ご希望される場合には別途お申し込み手続きが必要です。
  • *ご入金後のキャンセルは致しかねますのでご了承ください。

定員

  • 250名 *定員になり次第締め切りといたします。

申込先・お問い合わせ先

  • 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
    (株)損害保険ジャパン CSR・環境推進室内
    「市民のための環境公開講座」事務局
  • TEL 03-3349-9598 FAX 03-3349-3304

個人情報の取扱いについて

申込書に記載いただいた個人情報は、本講座の受講のご案内等、講座の運営に必要な範囲で、事務局である、(社)日本環境教育フォーラム、(財)損保ジャパン環境財団、(株)損害保険ジャパン、の3者が取得、利用させていただきます。

場所

  • 損保ジャパン本社ビル 2F大会議室
  • 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
    (新宿駅西口より徒歩7分)
  • 温室効果ガス削減のため、「チーム・マイナス6%」に賛同し、室温を調整しております。
講座受講場所の地図 クリックで拡大表示します。講座受講場所の地図を拡大します
お申し込み