市民のための環境公開講座2017

お知らせPart 1の講座は全て終了しました。たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。Part 2は9/4~です。

PART3 自然災害への備えと環境問題

募集中

11/14

地震・噴火頻発期の日本列島 〜その後の変化と課題〜

鎌田 浩毅 氏

地震・噴火の止まない日本列島では、近い将来、南海トラフ巨大地震、首都直下地震、富士山噴火が起きると予想されています。熊本地震や箱根山の噴火は、東日本大震災に誘発された地殻変動の一つであり、9世紀以来1000年ぶりの地震・噴火の多い「大地変動の時代」が始まりました。特に、西暦2030年代には南海トラフ巨大地震が予想され、「西日本大震災」となることが確実視されています。日本人がいかに生きのびれば良いか、地球科学の視座から課題と対策を考えます。

異色の科学者

鎌田 浩毅 京都大学教授(地球科学者)